看護師の転職を考えたきっかけ

病院で看護師の仕事に携わると多くの患者さんから感謝の言葉を貰うものですが、そのような社会貢献をしていると実感できることにやりがいを感じて仕事をする人にとっては最高の環境なのです。 しかし毎日、日勤や夜勤の繰り返しで生活リズムが不規則になり体力的に疲れが残るようになると、例えば仕事を終えてからの時間に何かをやろうという気持ちになれずに、何気なく毎日を過ごしているという生活に気付くことがあります。そのようなタイミングで自分の将来を考えて、自分はこの先どのように年をとって、また仕事に携わっていくのかと考えた場合に現状のままではいけないと思うことも多いのです。 その時に看護師としての資格を活かして、更に自分が今よりも高みを目指した場合に転職を考えることもあります。 病院であれば認定看護師というスキルアップの場があり看護部長等といった身近な目標を立ててその達成のために頑張ると言うことも考えられますが、現状が仕事終わりに勉強をする気持ちになれない疲れという問題もあります。そのために現在高齢化で注目を浴びている介護業界で看護師として日勤だけ勤務して、生活サイクルを一度リセットすることを考えます。 介護業界では現場の資格以外にも社会福祉士といったマネジメント業務を主とする業務もあり、今後も拡大する業界で自分の進むべき目標を新たに持つこともできます。

便利なサイト案内

インデックス